Node-Redの使い方とインストール方法をご紹介~Linux大好き社長のエンジニアコラム

はじめまして

セカンドセレクションの井村です。

簡単に自己紹介をしますと、ソフトウェア開発でLinuxを中心に40年活動し、今後の事業活動として「IoT・データ活用」を進めていこうと考えてる経営者です。

私が、NodeRedに出会ったのは、3年前にIoTを始めた頃でした。
これならできるかもと思ったのが最初でした。

 

今回は、進化したNode-Redを皆さんに知って頂き活用できれば良いと思って紹介します。

Node-Redとは何か

Node-REDはフローベースドプログラミング(flow-based programming)ツールであり、元はIBM Emerging Technology Servicesチームによって開発され、JS Foundation配下のプロジェクトを経て、2019年3月よりNode.js FoundationとJS Foundationが合併して設立されたOpenJS Foundationにホストされています。

 

どこで使うと便利なの

では、フローベースプログラミングってなんなの?という事になります。
プログラムを作った事のない人でも、IoTのお試しができるのです。

そう、IoTでお試ししたい時に、プログラムを作れない人でも、センサーからデータを取り込んで蓄積してグラフでデータを分析できたりするのです。

ほんとに便利です。

どうやって使うのか

使い方は、めちゃ簡単で、ブラウザの中からフローエディタを操作することでできちゃいます。

ノードという箱を使って、それらをつないで設定を変更することで自分のアプリケーションができるので簡単で楽しくできちゃいます。

また、新しいノードも作る事が出来て、コミュニティで登録して他の人に使ってもらう事もできるのです。

2013年よりオープン化されており、基本は、Node.jsとJOSNで表現されています。

それではNodeRedをどうやって使えるようになるのかについて簡単に説明をします。

全体の流れ

Node-RedをWindows10上にインストールする方法

1.Node,jsをインストール

2.npmをインストール

3.ブラウザを使って起動

4.フローエディアの使い方

Node.jsのインストール

Node,jsは、ローカル環境にWebサーバ機能を提供してくれるjavascriptです。
下記のサイトから、Getting Startedを選択して、ローカル環境で実行からNode-Redをダウンロードしてインストールする

ドキュメント : Node-RED日本ユーザ会

npmのインストール

Windowsのコマンドプロンプトを起動し、下記のコマンドを入力してください。

npm install -g --unsafe-perm node-red

起動方法

コマンドプロンプトにて、Node-Redを起動し、Chromeブラウザにて、localhost:1880をアクセスしてください。

フローエディアの使い方

Node-Redへようこそ!
ようやくフローを作成するためのエディタが起動できましたので、準備万端です。

まとめ

これでいつも使っているWindows10にて、Node-Redを操作する環境ができました。

あとは、この環境で何をしたいのかを考えて、実行する事です。

エディタガイドは、こちらを参照してください。https://nodered.jp/docs/user-guide/editor/

こんな事できるの

私が興味深いのは、新たにできた「ble beacon scanner 」でオムロン2jcie-bl01のセンサー

データが読めるらしいという記事を見たのです。

これは、すごい!

Bluetoothのデータを汎用的に取り込むことができ、データを取り出し、MQTTでクラウドにデータを通知して蓄積、データの参照までがノンプログラミングできるのです。

これは、えらい時代になりました。

ネットワーク好きな私には、「Node」という言葉の響きがたまりません。

というのもネットワークはノードの繋がりでできているからです。

仲間としても

 

Facebookユーザ会には是非参加して情報交換をしましょう
https://www.facebook.com/groups/noderedjp/

SSコラムでは現役エンジニアが記事を投稿しております。

もしよろしければ、セカンドセレクションの事業内容をご確認ください。
https://www.secondselection.com/

コメント

タイトルとURLをコピーしました